産後の緩みっぱなしには。。


とある日。

「せんせー(泣) 産後緩みっぱなしなんですよぉ〜」と生徒様。
簡単に治す方法教えて〜とSOS!


特に、花粉症の時期が大変。。って
どうにかなりませんか?という質問
…わかる方にはわかりますよねww



殿方にはわかりませんが…
まぁ、色々緩んじゃうですよね



ママの体は赤ちゃんを授かり十月十日をかけて
産道は柔らかくなっていきます


それは…
赤ちゃんが通りやすくするため
ママの優しさなのです


2人目、3人目になれば
赤ちゃんにとって
最高の柔らかさの産道になります


しかーし。
産後に柔らかくなった産道を
短時間に無理に「キュッ」としめると…


子育ての「感(カン)」が消えてしまうのです




だから、激しいお股の筋トレは
いけませぬ。。。ということ!!!
むしろ、女じゃ無くなりますよ。。



そこで!!!


女でありつつ
自然に締まるボディ


簡単な方法があります★



「砂糖」を取りすぎない。



以上っ!(笑)


食べるな!って言ってないですからね〜(笑)
食べる量と質を考えればいいのです。


砂糖は極陰な食べ物。



陰性は体を緩ませ、冷やします。
カフェイン・アルコールも同じく。
お股と言わず
全てを、ユルユルにしやすくします。


産前産後はお疲れ気味で
スイーツが欲しくなりますが
お砂糖を控えてみてくださいな





お砂糖の代わりに〜


甘酒で甘みをプラス。
麹が体を温めます。



蒸したサツマイモはとっても甘くて
スイーツのよう〜?


・ チョコレートの代わりに黒糖をw
ミネラル補給



りんごは火を通して
はちみつとシナモンでスイーツ仕立てに!
シナモンは体を温め、
はちみつで粘膜保護で風邪知らず〜


この方法で最低二日間過ごすと
鼻水の量も減り、体ポカポカ!


そのほかにもありますよ!
体を温める「陽」の食べものはー

れんこん、ごぼう、大根、人参、かぼちゃ
あずき、里芋、入り玄米、乾燥食材
旬のよもぎ、タケノコ、ワカメ
塩麹、甘酒、味噌、梅干しなどなど〜


ほんのちょっと、食事を気にするだけで
産後のユルユルも解消
花粉症にもGood♪



おまけに!
子宮力も上がるっ!!



一石二鳥でございます。



子宮=お宮が元気になれば怖いものなしw
詳しくはレッスンでもお話しますね〜

最後までお付き合い、
本当にありがとうございました?



女性が豊かになったら
きっと社会も豊かになる!!
そう信じてやまない私でした



Tomoko
コメント