音楽に溶けて身体が動き出す〜2011/5/20二俣川Lilas

Fuminaです。



Lilasクラスは、これから続くイベントに向けて、

毎回ピリッとした緊張感に包まれています。



本日のレッスンもそんな雰囲気を察してか?

普段はおとなしく遊んで待っているチビちゃんが

ママに抱っこされてもなかなか泣き止まない…

なんてこともありました。



Lilasのメンバーは小さな子どもを持つママや、子育てがひと段落した先輩ママ、

まだ結婚前の若い女性まで様々ですが、赤ちゃんが泣いていてもお互い様なので

寛容に見守ってくださる方ばかり。



また、今日の皆の集中力は凄かった!

いいショーを作りたいという気迫が感じられて、

チビちゃんの泣き声もほとんど耳に入っていませんでした。









さて、今日からは「ジル」を使った動きの練習が始まりました。

「ジル」とは指につける小さなシンバルです。

購入したてのジルに皆ワクワク。

今日は基本中の基本のリズム―1カウントおきにカチンと打ち鳴らす練習と、

タタタンタタタンという独特のリズムの練習を行いました。







皆でサークルを作り、ステップを踏みながら音楽に合わせてジルを鳴らします。

手の動きに夢中になると、ジルのリズムが音楽とどんどんずれていったり、

ステップが止まってしまったり。見た目よりかなり難しいです…





最近、tomoko先生から何度も何度も教えられていることがあります。

それは、音楽と一体になるということ。



「この音楽を聴いて、どんなイメージが浮かんだ?」

tomoko先生はよくこんな問いを投げかけます。



音楽のイメージに模範解答なんてありません。

でも、自分が音楽から感じたイメージをどれだけ膨らませることができて、

その中で女優として演じられるかがすごく大事なこと。



ダンスは、音楽を聴いてリズムを正確に刻めばいいわけではない。

テクニックが必要なわけではない。



「音楽に溶けて、身体が勝手に動き出す」

これが理想のダンスの姿ということを、tomoko先生はLilasメンバーに

今一番伝えようとしている気がします。



ジルの練習は、音楽を感じるのにとてもよい勉強になりますね。

ちょっと油断すると、どんどん音楽とずれていきますからたらーっ



ジルの音はかなり響くので、家での練習はご近所迷惑になりそうですが汗

ぜひ、晴れた日に広い公園で練習してみてくださいおてんき

とっても気持ちいいですよ〜!



Fumina
コメント

いつもありがとうございます。
おうちでの練習には
0ショップで見つけた、おだんごヘア用のネット(小サイズ)が
少しゆとりがありつつもちょうどよく
近所迷惑にはならないくらいに音も少ーしは鳴り
いい感じでした★

  • Kumiko
  • 2011/05/25 00:28