《サウンドヒーリングコラム part7 ハーモニーを奏でる》

親子で楽しめるフレームドラムクラスTerra、小学生なら叩けます!

親子での楽しめるフレームドラムクラスTerraの風景。
子どもが10人くらい、ママが5〜6人。
最後はみんなでドラムを叩きながら歌いました。
クラスの終わりの12歳になるうちの息子の感想は、
『たくさんで叩くと楽しいね♫』というもの。

 
ほんと、そうだなって思います。
何人いても、みんなでシェア出来る、
それが音楽の醍醐味。

ハーモニーとは、シェアリング。
音楽で言えば音の重なりのことを指しますが、
広く言えば、みんなで共有すること。


赤色と青色を混ぜると、紫色になる。
色と色と足すと新しい色が生まれるように、
音と音を足すと新しい音楽になる。

例えば、ドラムだけの音楽に、ギターが加わると
同じドラムの演奏が全く違うものに感じられます。

続きを読む >>

《サウンドヒーリングコラム part6 生きた音楽を取り戻す》

051.JPG

この5月から老人ホームでの仕事が始まりました。
施設の利用者のおじいちゃん、おばあちゃんと
一緒にダンスと音を楽しむワークショップです。

アート、つまり表現を通して、人の生きる尊厳を取り戻すという
Art Care アートケア、という活動に参加させて頂いています。

最高齢の方で98歳のおばあちゃんがいらっしゃいましたよ!!
耳は遠くなってしまってましたが、とってもお上品で、
しっかりされていました。


このワークショップの中にも、
フレームドラムのワークを入れています。
シンプルに僕が叩いたリズムを
みなさんに真似てもらうということをやっていますが、
80歳くらいのみなさんのリズム感の良いこと!!
続きを読む >>

《サウンドヒーリングコラム part5 リズムは呼吸》

フレームドラムリズムサークル@逗子、Flow Naturally主催。講師はパーカッショニスト、なかもとまさお



先日はリズムの語源、

リュトモスの話
を書きました。

リズムは音楽のシェイプを形づくるという話でしたね。



今日は別の角度から、

もっとオーガニックな視点で、

呼吸とリズムについて書いてみます。
続きを読む >>

《サウンドヒーリングコラム part4 リズム感は良い人は絵も上手?!》

しあわせのはじまりスペシャルバンドとしておおたか静流さんと共演させていただきました。パーカッション:なかもとまさお(masao nakamoto)



今日の話はフレームドラムリズムサークルに

参加された方にお馴染みのあれ、

『リズムエクササイズ』について書こうと思ったんですが、

そもそも、リズムって何、ということをメインに書いていきます。



リズムというと、音楽用語ですから、音楽の話だと思いますよね。

そういう時はWikiを調べてみます…
続きを読む >>

《サウンドヒーリングコラム part3 ストレスの本質とは?!》

横浜・町田・鎌倉で月一回開催しているフレームドラムリズムサークル。Flow Naturally主催。講師なかもとまさお。



このコラムはサウンドヒーリング、

つまり音による癒やしをテーマにしていますが、

そもそも何を癒して欲しいのか、ということを

今回は考えたいと思います。
続きを読む >>

《サウンドヒーリングコラム part2 音楽は音である》

ストンプとリズム言葉でリズム感は大幅にUP。ボディメモリするんです。フレームドラムリズムサークル@鎌倉



フレームドラムクラスでもそうですが、僕の楽器のクラスでは

必ずストンプ(ステップ)やクラップ、そしてリズム言葉やボイスパーカッションの

ワークを取り入れています。



きっと参加者のみなさんは、たくさんドラムに触って

実際に音を出したいと思うのです。



でも音を出すだけが練習ではないんですよね。
続きを読む >>

《サウンドヒーリングコラム part1 倍音とは??》

フレームドラムリズムサークル 町田・横浜・鎌倉で月1回開催しています。





フレームドラムの音色、

とっても柔らかく心地よいですよね。



その柔らかい音色の秘密、

それは『倍音が豊かなこと』にあります。



そもそも倍音って…???

ですよね。



倍音というのは音の響きのこと。

同じ音程の音でも、

例えばピアノとギターでは音色が異なりますよね。



その違いが、音の響き=倍音なんです。
続きを読む >>
1